株式投資の面白さ

NO IMAGE

株式投資の面白さ、世の中に様々な投資がある中最もポピュラーな存在であるのが株式投資です。これは世界でも同じことが当てはまります。投資信託といっても基本的には株式投資をまとめたものに当たりますので。
ではどうして株式投資が面白いと言えるのでしょうか。具体的にポイントを上げていきたいと思います。

まずは、自分自身の資産が増える可能性があることが面白さの1番でしょう。
もちろんリスクが伴うことも確かなのですが、それなりの企業に投資していれば倒産して証券がゼロになってしまうことなどほとんどありません。
長期保有をすることで株式配当や株主優待券などでメリットを得ることもできるでしょう。集中投資しなければそれなりに長期保有も可能になってきます。

次に、銘柄選びの過程にあります。自分自身が投資を行うにあたってどのような企業に投資をするか、その考える過程が非常に楽しいのです。
自分自身が応援している業界や企業、興味を持っている企業、場合によっては自分が勤める企業の自社株買いも含めての考え方もあります。

このように銘柄を選ぶにあたってチャート分析や株価の動きに注目するだけではなく自分自身が興味のある銘柄を選ぶことによって楽しみが増えてくるのです。

ここに様々なメリットが伴うとあれば非常に楽しみになるでしょう。現物投資やFXではなかなか考えられない楽しみが株式投資にはあると考えられます。

次に、株主優待券や配当によるメリットがある店になるでしょう。特に株式投資に関しては株主優待券を企業側も個人株主を確保するために力を入れている場合があります。

仮に株式が振るわなかったとしても決まった株主優待券を提供することで個人株主を確保することができます。
実際に株主優待券を目的とした投資を行っている方々も数多くいますし、株主優待券を特集したインターネット情報、書籍も数多く販売されていることからも分かるかと思います。

そして、言い方が正しいかどうかは別としてロマンがあると思います。
自分自身が今後伸びていくと考えた企業に対する投資、これがはまったときには非常に自分自身の目利き力が正しかったと判断できますし、非常に嬉しくなり自信もつくことになります。

様々な業界で先物買いと言う言葉がありますが株式投資のおいてもまさしくその言葉がハマれば収入にもつながり非常にメリットがあると言えるでしょう。
このように株式投資を行うにあたっては様々な楽しみがあるからこそファンが絶えないのです。